• このエントリーをはてなブックマークに追加

育毛シャンプーと育毛サプリメントの併用で髪の悩みを解決

育毛シャンプーは髪にメリットを与える成分を配合して、洗浄成分は比較的に安全な物を配合している洗浄剤です。平均的なシャンプーよりも低刺激でメリットが多く目立ちますから、育毛目的でなくても使えば、機能性に期待できるアイテムです。アミノ酸系洗浄料は頭皮や髪にデメリットが少ない事を前提にして、余計な汚れや皮脂を除去します。 一方、育毛サプリメントはインナーケアを狙いとした健康食品です。育毛するにはシャンプーや育毛剤を活用すべきですが、アウターケアに該当します。インナーは内側から髪の毛が生えてくる要因を成立させますから、両者を併用して育毛に取り組むと、悩みが改善されたり、理想的な結果が出せる可能性が出てきます。成分や配合量によって効果が変わりますから、そこは認識しておくべきです。

育毛シャンプーのメリットは低刺激、合成界面活性剤について

育毛シャンプーは基本的に低刺激で負担が少ないです。合成界面活性剤の使用はなるべく避けて、安全なアミノ酸系洗浄成分を配合する傾向があります。また、環境汚染の要因になりにくいですから、頭皮に優しいと言えます。しかし、合成界面活性剤は自然分解されない、不自然な化学洗浄成分です。そのような物を髪や頭皮に付けて泡立てば、何らかのトラブルが発生するのは必然的です。 育毛を促す成分でも刺激が強い場合はあります。カプサイシンは飲用する方が適しますが、塗布するとダメージを受けて、湿疹や炎症を誘発させる要因が問題です。微量ならリスクは少ないはずですが、添加は好ましくありません。使うならクロレラエキスやハーブエキス、ボタン抽出物や西洋オトギリソウエキスなどが適します。

育毛サプリメントの代表成分に関して

育毛サプリメント残る配合成分は幾つもありますが、基本的に無害で健康に作用する物が目立ちます。一例ですが、大豆イソフラボン、カプサイシン、ノコギリヤシ、亜鉛、海藻粉末、菊芋、プラセンタ、アミノ酸、プエラリアなどです。特に大豆イソフラボンとカプサイシンの組み合わせは良く、相乗効果により発毛促進させます。カプサイシンとは唐辛子やハバネロなどに含まれている辛味成分です。血行を促しますが、大豆イソフラボンの吸収率を上げて、効果も高めます。 ノコギリヤシは脱毛の原因になるテストステロンの働きを抑制するのが強みです。5αーリダクターゼを疎外して、テストステロンとの結合を防ぎます。5αーリダクターゼとテストステロンが結合すると、脱毛させる要因になるジヒドロテストステロンに変わりますが、ノコギリヤシを飲用すれば回避できる作用は強みです。