• このエントリーをはてなブックマークに追加

薄毛対策に利用する育毛シャンプーと育毛剤の違いとは

抜け毛や薄毛に悩んだら、クリニックに通って治療を受けるのか、自分でケアを行うのかを考えなければなりません。一度対策を始めれば長くかかるものですので、継続できる方法を選ばなければなりません。 クリニックに通えば専門的な治療を受けることができますが、費用も少し多めにかかりますし、何度も通うことになりますので段々と面倒に感じてしまう人が多いようです。症状が軽ければ自宅でのケアだけでも十分に良くなりますので、初期の段階なら自分でできるケア方法を探してみるのも良いことです。 自分でケアを行う場合には、現在多くの人に利用されているのは育毛シャンプーや育毛剤です。最近ではどちらも色々な商品が出てきていますので、自分の症状や目的に合わせて選ぶことができます。

育毛シャンプーで得られる効果とは

育毛用に作られているシャンプーのもっとも大きなポイントは、優しい洗浄成分が含まれていることです。一般的なシャンプーは洗浄力が強力で頭皮を守るのに必要な皮脂まで奪ってしまいますが、育毛用なら必要な皮脂を残して洗い上げることができます。その結果、バリア機能が正常に保たれて、外的刺激に対する抵抗力がつきます。 毎日使っていくうちに、段々と頭皮のコンディションが改善されていきます。皮膚剥けや赤み、痒みなどの気になる症状がなくなって、髪の毛が健やかに成長できるような環境が作られます。これが育毛用のシャンプーの効果でもっとも大事な部分であり、髪の毛を生成したり育む際の土台となる頭皮を健康にすることが育毛対策になります。使えば使うほどコンディションが良くなるというメリットもあります。

個々の原因にアプローチする育毛剤

育毛シャンプーが頭皮の環境を整えるために使われるのに対して、育毛剤はそれぞれの薄毛の要因にアプローチして原因を取り除くことで抜け毛や薄毛の解消を目指します。皮脂量が多い人なら皮脂の分泌をコントロールするタイプを選び、血行不良が気になるなら血管を拡張して血行を促進させるタイプを選びます。AGA対策においては、男性ホルモンの働きを抑制するタイプが良く使われています。 このように、使用する目的において明確な違いがあります。その違いをしっかりと把握して、自分に合った使い方をすることが改善への近道になります。効能や目的が異なるのですから、両方を取り入れて対策を行うのも非常に有効です。育毛用のシャンプーで頭皮を健やかにし、育毛剤で薄毛の原因を取り除ければ効果的なケアが行えます。