• このエントリーをはてなブックマークに追加

育毛シャンプーに配合される成分と機能性に関して

通常の洗浄剤とは異なる「育毛シャンプー」は不要な汚れを取り除きながら育毛を促す洗浄系化粧品類です。普通のシャンプーなら汚れを落として頭皮の健康を促す為に使うアイテムになります。しかし、様々な植物エキスやエッセンシャルオイル、有効成分、ビタミン類などを配合する事によって育毛効果を付加させる様に出来ます。 洗浄しながら効率良く、髪や頭皮に効く成分を浸透させることができるのは強みです。また、シャンプーは洗い流しても多少は物質が頭皮や髪に残存しますから、残った僅かな有効な物質も育毛に働きかけます。洗浄しながら良い物を浸透させて、洗い終わった後も育毛に関わるメリットが残るのは育毛シャンプーだけです。コンディショナーやトリートメントを使用するとより利点が有ると言えます。

洗浄成分、アミノ酸系物質について

育毛シャンプーはなるべく頭皮や髪に負担をかけない様にしなければいけません。よって通常の合成界面活性剤を使うのは適さないと言えます。頻繁に使われるのが「アミノ酸系」ですが、そのアミノ酸系洗浄剤は環境にも実害を与えにくく、頭皮や髪にも負担が少ない上で汚れを取り除きます。 ラウロイルメチルアラニンNaやココイルグルタミン酸TEA(アシルグルタミン酸系)はデメリットが少なく、育毛系のシャンプー類に配合するには適す成分です。他にも天然系のラウリン酸やミリスチン酸、パルミチン酸、石鹸素地などがありますが、ラウロイルメチルアラニンNaやココイルグルタミン酸TEAと比較すると、油が目立ちます。髪や頭皮に使っても汚れは落とせますが、お湯で洗い流しにくい問題を持ちます。

植物エキスやエッセンシャルオイルに関して

育毛を促すシャンプーに植物エキスやエッセンシャルオイルを加える場合があります。理由は育毛を促す、頭皮環境を整える為、保湿効果を成立させて刺激を抑える、フケの増殖予防、痒みや炎症を防ぐ為など、理由は様々です。 配合されるティートゥリーは水虫菌にも特効を示すエッセンシャルオイルです。原液をそのまま皮膚に付けても実害が少ない、安全な液体になります。シャンプーに配合すれば消臭・殺菌効果に期待出来ますが、頭皮にデメリットを与えるフケを抑制させる力は強みです。フケは脱毛や抜け毛の原因になります。 甘草エキスやセンブリエキスは天然由来であり、シャンプーに適量を配合すれば育毛を狙えます。特に前者の甘草エキスはグリチルリチン酸ジカリウムを含みますが、頭皮トラブルを改善しながら発毛促進を促すのが最大の特徴です。